HOME>アーカイブ>場所や用途に応じた色々な業務用製品があります

4つのタイプ

業務用エアコン

家庭用のエアコンは壁掛け型が一般的です。それに対してオフィスや工場などで使用される業務用エアコンは多種多様な種類があります。主流は導入コストが安価な冷媒方式です。飲食店・物販店・小中規模の事務所やビルなどに設置されています。室内機に関しては場所に応じて天井埋込型・ビルトイン・天吊り・床置きから選べます。天井埋込型は本体が天井内にあるため表面はパネルだけ突出はパネルだけ突出されています。場所に応じて吹き出し方向の数も選べるので幅広く使用されています。ビルトイン型は吹き出し口を本体から離して設置出来ます。本体は埋め込みなので部屋の形状に応じて対応することが可能なタイプです。天吊りは本体を天井面より下に設置することで狭いスペースでも問題なく設置できます。床置きタイプは室内機の設置作業が簡単なのがメリットです。その分床スペースが必要となるので狭い場所には不向きとなります。

同じ広さでも用途で最適な製品が異なる

エアコン掃除

オフィスならパソコンやサーバーなどのOA機器から発生する熱により暑くなります。反対に焼き肉店の店内は個別の席で火を使用するので温度が上昇しやすいです。オフィスよりも能力のある製品を選択しないといけません。このように設置する環境を加味して決めていきます。家庭用のルームエアコンを設置することは可能です。業務用エアコンに比べて低コストで設置できますがそれは正しい製品を選択したらの話です。個別でルームエアコンを複数台稼働させるとブレーカーが落ちたり電気代が余計にかかったりしてしまいます。個別設置なのでエアコン自体が複数台の運転をしていると認識してないからです。

必要なパワーを算出する

エアコン

用途が異なれば、選定する業務用エアコンの能力が変わってきます。能力は床面積と業種から概算の負荷を算出することで分かります。算出能力はあくまで目安の数値であり、人員や照明などの室内の発熱も考慮して合計します。もし能力が足りない場合、中々設定温度に到達しないため効きが悪くなります。業務用エアコンが最大の力で運転し続けるので、効率が下がる余計な電気代がかかってしまいます。負荷も大きくかかるのでコンプレッサーの故障の原因にもなります。快適に使い続けるにためには能力をきちんと把握しましょう。

広告募集中